Entries

新しい曲

その音楽の響きは僕の体に深く潜入して、享楽で夢中になって、頭がかってに動き出し、なんと面白い歌だろう!!!節回しに集中して、だんだん新しい音を発見します。あのギターの音色が・・・あのベースラインをっもっと耳を澄ませば電子ドラムの隠れた律動を注目しちゃうなんてさーっゴクラク極楽だ!つい馬鹿馬鹿しい笑顔が出て、友人達を見ながら またまた頭が振ってるぜ! 今度は同時に!やばい あの曲!絶対買う!...

鳥籠のかぎ

ある日私の精神が鳥籠に閉じ込められたんです。昔の怪我は意識に戻って純情な心を苛めます。座禅のように思いを無視すればいい!日差しを覆った雲は間もなく太陽を自由にしてしまう。やっぱり迷惑な事が一時的である。燃えた不死鳥が灰から蘇る。それは物語の妄想でわなくて、事実だ!いつか傷ついたイメージが直ります。籠の鍵はどこかに存在する。...

恋の観覧車

女性の姿が砂山のように起伏に富んでいます。薔薇の花びらを掴んだら彼女の肌の薄さを思い出してしまい、その間に夜の観覧車が回っていた。生まれて初めてあの時、あなたと出合って私は別の世界から来ていたんです。挨拶として片手に口づけを与えてその国の言葉が分かりませんでした。どこかに夜の観覧車が回っていた。私は夢想家で、どこでも移動出来ます。砂漠では暑くて何もありませんけど幻覚があります。流れの周りに彼女と座...

岩と出合った

空を飛んでゆく鳥の群れがあります。ここから見事な眺めが見えます。本日は岩の頂上に気楽に座るとは神の思し召しであった。全身は日差しでぽかぽかになり、大自然に接吻されました。そろそろ夢中になって過去を思い出し、誤りを正直に熟考してしまいました。”今更、それもこれもを変えられないんだけど、きっとこの魔法的な森では安心感が出ました”と思いました。親愛な私自身、本当にすみませんでした!後悔もあったけれども、よ...

春のメロディ

桜の花びらはすいすいと落ちている。近くの音楽家が箏を引き、浮世絵の風景はこれから現実になります。魔力でわなく、それどころか自然力である。太鼓の音が段段近づき、大きくなり、嵐の開始だ!激しい風は吹き始め、人間の叫びが聞こえます。音楽の拍子が速めながら春雷が暴れます。災害でわなく、自然のお掃除でございます。地球が天から大事な水を吸収してしまいます。どこかの日本の村の人々は大喜びでお祭りを行っている。...

Appendix

.

Welcome ようこそ!

にほんブログ村 英語ブログ 英語の日記へ ↑↑↑ Click Here Please ↑↑↑ (≧∀≦) When you click on the white banner you support my blog. Thank you.

Shiruban

Author:Shiruban

Nationality: French

Today's song

Title: We Are Family
Artist: Aretha Franklin

Search Form

Latest Entries

QR Code

QR

Ask Lao Tzu